べらぼうめ

<   2005年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

死ねってか!

 「障害者自立支援法」が本日成立しました。この国はますます希望の持てない国になって行く訳です。弱者にやさしい配慮が出来ない社会なんてろくなもんじゃねえ。戦国時代の幕開けともいわれる北条早雲は、その領国から障害者を追放したといいます。何百年も経ちながら、為政者のやり方は変わりません。みんなこれからどうやって生きて行くんだろう。
[PR]
by etoranse | 2005-10-31 22:20

クソな法案

投票へ行こう!
昨日の今日みたいな話題ですが、これは僕の個人的事情とは関係なくみなさんに考えて頂きたい問題です。「障害者自立支援法」などと良くも言いやがったなこの野郎。
 ともかく、あひるの写真をクリックして、問題提起をしてあるサイトを読んで下さい。「俺には関係ないや」とお思いの方には、一言申し上げておきます。
「昨日まで他人(ひと)の事かと思いしに、今日は我が身か、これはたまらん」 
[PR]
by etoranse | 2005-10-30 22:28

転びバテレン

 25日の所に書いた「病気はなぜ私をえらんだの」 だけど、これは子供の頃ずっと問いかけていた言葉だった。迷える子羊だった僕は、中学三年生の時、キリスト教の洗礼を受けた。そこには癒しの言葉が満ちあふれていたのだ。ある日僕は牧師さんに尋ねた。「僕はなぜ病気になったのか、なぜ、僕でなくてはならなかったのか、他の人でもいいではないか」すると牧師さんは答えた。「それはあなたの上に神が奇跡を起こすためです」ちゃんと意味は分かった。奇跡とは、歩けない自分が歩けるようになることではない。身体の不自由を感じさせない生き方をして、人々に希望を与えることだと。
 「でもそれはなぜ僕なのかの答えになっていません」「あなたは強い人だから、試練に打ち勝てる人だから、神はあなたを選んだのです」「僕はそんなに強くないし、希望を与える人間になりたいと願ってもいません。人に嫌われる人間でもいいから、歩けた方がいいです」
 中学生のでも小うるさい奴でしたから、牧師さんも言う言葉が無くなって、お茶を濁して去っていきました。わたくし、それでキリスト教やめました。
 やがて、神も仏も信じない僕が形成されていくのですが、それはまた様々にうち拉がれる出来事の後。いずれ、ということで。
[PR]
by etoranse | 2005-10-29 22:58

迷える人

 病院と薬局は僕にとって縁の切れないところで、いつもは福太郎かマツモトキヨシといった安売りのお店に行くのだが、今日はイトーヨーカ堂に行ったついでに、店内の薬局に立ち寄る。
 絆創膏を買いに並んだかみさんが、言うことには、前に並んでいた人が、いかにも僕と同じような職業の人だったと。つまり目を酷使する自由業らしい人だった。
 なんでもその人はしきりに元気のでる薬と目に良い薬はどれかと、アドバイスを求めていた。
「スパークユンケルはいかがですか。十日ほど飲んで頂ければ、はっきりと効果が分かるはずです」その人は結局それは買わずに帰って行ったのだが、僕とかみさんはそれっとばかりにドリンク・コーーナーへ。買おうとしたらその横に、当店お勧めの札が貼られた「リキオーD」とか言うドリンクが。どちらも生薬諸々入り。だが、「リキオーD」の方が同じ本数で500円ほど安い。「と、とりあえず、これを飲んでみようか」と言ってこちらを購入。貧乏人は最後の詰めがなあ……。
 大丈夫さ、これで元気ばりばり出るさ。ね!
[PR]
by etoranse | 2005-10-28 22:40

晴れ男

 今日は「国書文芸カレッジ」の日。いつもビルの駐車場を開けておいて貰うのだが、今日はペンキ屋さんが仕事ではいるので、1時まで駐車場が使えません。そういう連絡が入っていた。僕の車は「駐車禁止除外車」のカードを貰ってあるので、大概の場所には止められる。大通りに止めて歩けばいいかと思っていたら朝からザンザン降り。えー、こんな中を歩いていくのかい、と思っていたらカレッジ担当Sさんから電話がある。「ペンキ塗りは中止になりましたので」そうか、確かにこんな雨じゃあペンキは塗れないよね。
 しかし、僕が起き始めた頃から雨は止み、出発するころにはピーかん。駐車場を開けさせるために雨が降ったのよと、かみさん。「これからも付いていくからね♪」そう言われた。あは。 
[PR]
by etoranse | 2005-10-27 21:32

ベタ

 くりいむしちゅーのたりらりラーンという番組の中で、クイズ・ベタな世界、というのをやっています。これがかなり笑える。「よくあるパターン ベタの世界 ドラマにはベタがいっぱい!そんなベタをアカデミックに学びます」というのがうたい文句。これまでにサスペンスモノがあり、学園モノがあり、次に恋愛モノが来るらしいですが、いずれ時代モノもやってくれないかなあ。
 書く方としては、このベタを避けて書けば言い訳ですな。
[PR]
by etoranse | 2005-10-26 22:10

今期のテレビ番組

e0003767_2465397.jpgいかん、日記が数日開いてしまった。ここ二日ばかりちょっとヘロヘロだったもので。
 さて今期のテレビドラマを一応見終わったので感想を。主にフジテレビですけどね。
 「鬼嫁日記」はブログの方が面白い。「電車男」はあんなにうまくアレンジしたのに、こちらはありきたりなものになってしまっている。ゴリはこの役には向かないし、演技もだめ。
 「危険なアネキ」は最初のナレーションで弟が姉を馬鹿にするのが気持ちよくない。意図は分かるが失敗だと思う。森山未来君が暗くてコメディにならない。伊東美咲も演技が出来ねーなー、というのが露呈してしまった。エルメス役は、ただニコニコしていれば良かったが、こっちはそうも行かないしね。初回の視聴率は良かったらしいが、これからどんどん下がると思うよ。
 「1リットルの涙」は写真の沢尻エリカちゃんが新鮮だし、うかつな作品には出来ないという緊張感がある。でもこれでテレビに難病ものが多くなったらいやだなあ。今日は『病気はどうして私を選んだの』というきつい台詞があった。あ、それ僕がずーっと思っている事なんだけど。しまったさっさと発表しておけば良かった。
 ちなみに写真は沢尻エリカちゃん初期バージョンです。
 それから、時代物の出来については、悲しいのでコメントしません。
[PR]
by etoranse | 2005-10-25 20:46

百円

e0003767_22485789.jpg文具というのはいいのを見つけると欲しくなるもので、僕のペン立てはギチギチにものが詰まった奴がみっつある。とても使い切れないのは分かっているのに、いいのを見るとまたすぐ買ってしまう。
 手帳やメモ帳もそうで、ずっと超整理手帳関連のメモやら何やらを中心に使っていたが、モールスキンに出会ってこれも色々購入、それにローディアのメモ帳ね。他にも色々持っているくせにまた見つけた。写真のメモ帳がそれ。A7サイズなのにモールスキンみたいなゴムバンド付き。表紙にも短いバンドが。これは何かと考えたら、ペン差しなのかあ。これが二個入り百円で百均ショップにあった。安い、凄い。百円ショップあなどりがたし。
[PR]
by etoranse | 2005-10-22 22:47

MP3プレイヤー

e0003767_22473685.jpg僕がこれまで使っていたMP3プレイヤーのOTOMOが壊れて久しいので、新しいのを買いに行く。新しく近くに出来た大きい電気店に行ってみたが、わかる店員さんが出てくるまでに時間が掛かる。確かに最近の家電の進歩は著しいので、店員さんも大変だ。
 やってきた店員さんは首からしっかりとMP3プレイヤーを下げている。オタク臭ぷんぷん。僕はこういう人が大好きだ。そこで僕の希望を述べる。「WMPからクリック&ドラッグできる奴」すると「今はそんな事しなくていいんですよ、USBを差し込むだけでOKなんです」
 おー、僕の認識は数年前のものだったか、知らなんだ。で、選んだのが写真のもの。ボールペンと比較して下さい、ちっちぇー。これでFMラジオが聞けて動画がみられてボイスメモにもなっている。驚き。
[PR]
by etoranse | 2005-10-21 22:13

あちこち

 ゆえあって、江戸東京博物館・深川江戸資料館・東京都現代美術館を回る。現美は今「イサム・ノグチ」展をやっている。抽象的なものはぜんぜん分からないが、何しろパワーだけは感じられるのだった。作品には勿論名前が付けられているが、見た目の印象で勝手なタイトルを言っていたら、的中したのが4点ほどあった。おお、世界的な人と感性が一緒じゃあ。
 別の展示で九州の石炭王佐藤氏が収集した絵画もあったので、ついでに見ていたら「八瀬村頭」という絵があった。「あっ」とかみさんが言うので「何?」と聞くと、「ここはあなたが書いた蛍丸伝奇に出てくる八瀬童子の八瀬の里でしょう。あなたの小説を読んで私が思い描いた風景よ、これは。すごい筆力だよね」いやあかみさんは時々凄いアッパーのような誉め言葉を言ってくれます。
[PR]
by etoranse | 2005-10-20 02:23



乱星舎http://www.ransei.com